安い料金の自毛植毛を安易に受けるのは避けましょう

料金が安すぎる自毛植毛には注意

安すぎるクリニックには注意

薄毛治療において「根本的な薄毛治療ができる最も安全な方法」として近年、日本でも認知され始めてきた自毛植毛治療ですが、治療として非常に効果が高いだけに費用もそれだけ割高になります。

例えば、一般的な薄毛治療方法として知られている育毛剤治療、薄毛をカバーするかつら、そして人工植毛法と費用感(1回にかかる費用とトータルコスト)を比べてみると次のようになります。

自毛植毛 育毛剤治療 かつら 人工毛植毛
1回にかかる費用相場 60〜400万円 数1,000円 20〜50万円 100〜300万円
トータルコスト 60〜400万円 数100万円 数1,000万〜1億円 数100万〜数1,000万円

自毛植毛は人工毛植毛に次いで2番目に費用がかかる治療法であり、1回にかかる費用が少し高いと思います。

しかし、その後のメンテナンスや定期的な検査・チェックなどすべて含めたトータルコストで見てみると、自毛植毛が圧倒的に安いということが分かると思います。

なぜ、トータルで見ると安いのか?その理由は治療後のランニングコストがほとんどかからないためです。

育毛剤治療は、育毛剤を使い続けなければなりませんし、かつらは定期的なメンテナンスや買い替えが必要になります。

また、人工毛植毛は人工毛の劣化とともに定期的な植え替えと皮膚の検査が必要になります。

自毛植毛治療以外はすべてランニングコストが必要になってくるため、長い目で見ると自毛植毛よりも圧倒的に高いコストがかかってしまうのです。

どうしても人は目先にかかる費用が安い方を選んでしまいがちなので、自毛植毛治療を選ぶ際も「価格が安い」という理由で安易にクリニックを選んでしまう方が多い傾向があります。

確かに「価格が安い」というのはクリニックを選ぶ条件の一つだと思いますが、自毛植毛は医療行為であり、手術なので、価格以上に「サービスの質」がしっかりと伴っているところでなければ、一生傷が残る失敗をしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

特に価格相場に比べて値段が安すぎる場合や、安いからといって海外に自毛植毛手術を受けに行く際には注意が必要です。

注意すべき3つの理由

日本の価格相場と比べて韓国やタイなど海外の価格相場のほうがはるかに安く自毛植毛治療を受けることが可能です。そのため韓国やタイなどに自毛植毛手術を受けに行かれる方も増えてきています。

しかし、いくら価格が安いからといって、自毛植毛は体に傷を付ける医療行為であること、そして成功率は100%でないということを忘れてはいけません。

なぜ、自毛植毛治療の価格が安すぎると注意しなければダメなのか?それは、次の3つの理由が挙げられます。

・自毛植毛は手術を伴う医療行為
・自毛植毛は見た目にかかわる治療
・自毛植毛はアフターサポートが重要

それぞれ具体的にどのようなことを注意すべきかをご紹介いたします。

1、理由①自毛植毛は手術を伴う医療行為

自毛植毛はれっきとした医療行為であり、体に傷を付ける手術を行う一生モノの治療です。

そのため、医師の腕次第で術後に取り返しのつかない傷が残ってしまったり、最悪の場合命の危険にさらされることもあるということを認識しておく必要があります。

また、手術には麻酔などを使用するため、手術前の事前の血液検査やアレルギーや体質などを調べるために医師による診察が必要になります。

日本のクリニックであればまだ良いと言えますが、海外では、こういった事前の診察の際に言語の問題で医師に自分の持病やアレルギー、体質などを伝えることが出来ない可能性があります。このような大切な情報を伝えられない可能性があるまま手術を受けるのはとても不安ですし、万が一という可能性もあります。

また、海外などでは情報量が限られているため、安くて腕の良いクリニックを見つけるのは日本以上に難しいと言えます。

このような理由から、安いからという理由で安易に選ぶべきではありません。自分の命をあずけることができるかどうかという視点でクリニックを選ぶことが大切です。

2、理由②自毛植毛は見た目にかかわる治療

髪の毛は見た目において非常に重要な要素です。

そのため、自毛植毛手術を受ける前に、必ず「どのようなヘアスタイルにしたいか?」という相談を医師と行います。

また、医師の腕次第で、植毛の仕上がりが自然かどうかも変わってきます。

一度移植してしまうと元に戻すことは基本的にはできません。

安いからといって安易にクリニックを選んでしまうと、戻せないのにもかかわらず変なヘアスタイルになってしまっていたり、全体的に不自然な仕上がりになってしまい、取り返しがつかなくなってしまう可能性もあります。

特に、ヘアスタイルは医師にしっかり希望を伝えなければならないため、海外では日本以上にしっかりと伝えなければ、誤って変な髪型にされてしまう可能性もあります。

3、理由③自毛植毛はアフターサポートが重要

自毛植毛は手術を行うれっきとした医療行為です。

また、同時に成功率も100%ではありません。

そのため、もし何か術後に問題が起きてしまった場合に、海外などで自毛植毛を受けた場合には医師に相談をすることが難しくなります。

また、自毛植毛は手術後の1〜2週間でどれだけ移植した毛が定着するかにかかっています。
普通のクリニックであれば「どういう行動はOKで、どういう行動はNG」などアドバイスをきちんとしてくれますし、「これはOK?NG?」という質問にもきちんと応えてくれます。

自毛植毛は周術も大切ですが、実は一番大切なのは術後のアフターサポートなのです。

安すぎる自毛植毛治療はこういったアフターサポートが充実していない場合が多いので、選ぶ際には「アフターサポートがしっかりしているのか?」もしっかり見極めるようにしましょう。

運営者からの一言

安すぎる植毛には注意が必要なようです。
偶然知り合った方の話では、安いところはその後のアフターフォローなどが不親切だったりと、少なからず問題があるようでした。結果的には、髪は増えたそうなのですが、いまだに不満が残っているそうです。
そうならないためにも、料金の安さで安易に選ぶことは避けることをおすすめします。