失敗とリスクについてご紹介。自毛植毛をご検討されている方はご覧ください

自毛植毛が失敗することはあるのか?

自毛植毛に失敗はあるのか?

自毛植毛は世界中で「薄毛の根本的な治療が最も安全に行える方法」として認められており、世界中で毎年28万人以上が行っている薄毛治療です。

また、日本でも一般的に自毛植毛は自毛であるため仕上がりが自然であり、薄毛を根本的に改善できる方法として徐々に注目されてきています。

しかし、自毛植毛は手術を伴う医療行為であり、それ故に100%必ず成功するという方法では決してありません。

中には高額な費用をかけて自毛植毛治療を行ったが、失敗してしまったケースも中にはあります。

では、自毛植毛治療の失敗とは一体どのようなものなのでしょうか?

どんな失敗があるのか

自毛植毛治療を受けてどのような失敗をしてしまったのか、インターネット上には様々な失敗例が掲載されています。

そのほとんどは「見た目」「後遺症」「薄毛対策効果」の3つのカテゴリーに分類することができます。

それぞれどんな失敗なのかを詳しくご紹介いたします。

1、見た目における失敗

自毛植毛治療を受けるほとんどの人がはげという「見た目」を気にしています。

見た目を直したくて手術を受けるため、髪が生えてはきたが、仕上がりが自分のイメージ通りでは無かった時に「失敗した」と感じてしまうのです。

例えば、次のような例が見た目における失敗の典型的な例です。

・植毛部分の髪の生え方と、既存の髪の生え方が違いすぎて植毛部分と既存の髪の毛の部分がはっきりと分かる。
・植毛部分の髪の密度が薄く頭皮が透けて見えるため、既存の髪の毛の部分と植毛部分がはっきりと分かる。
・生え際が不自然なくらい整い過ぎており、違和感がある。
・植毛部分のラインがまっすぐで、違和感がある。

このように、植毛部分とそうでない部分がはっきりと分かれてしまうことや、植毛部分が付け足したように不自然に見えてしまうという失敗が多いようです。

2、後遺症における失敗

自毛植毛は手術を行い、頭皮または毛包部分を直接切り取って移植するため、頭皮に傷をつけます。

そのため、術後に痛みや腫れが続いたり、ひどい場合には化膿してケロイド状になったり、また頭皮を切り取って縫合した部分の皮膚が突っ張る感じが続いたり、後遺症に悩まされるという失敗もあります。

また中には、アレルギーや、持病、常用薬の存在をきちんと医師に伝えなかったために、手術によりそれらの影響が表れてしまったというケースもあります。

自毛植毛はれっきとした医療行為なので、こういった後遺症に悩まされ失敗してしまうケースもあります。

そのため、術後に何があってもすぐに相談ができるようなアフターケアサービスが充実しているクリニックを選ぶことが、自毛植毛で失敗しないために重要になってきます。

例えば、海外などで自毛植毛手術を受けてしまうと、こういった後遺症が表れてしまった際に、海外に連絡しなければならない上、他言語でのコミュニケーションが取れないとなかなか海外の医師からアドバイスを受けることは難しいと言えます。

3、薄毛対策効果における失敗

自毛植毛は、すでに生えている髪の毛を毛包、または頭皮ごと移植するため、手術後は一気に薄毛が改善されます。

しかし、術後に移植した毛包がしっかりとその場所に定着しなければ、成功とは言えません。

そのため、術後数週間に乱れた生活週間を送ってしまっていたり、強い刺激を植毛部分に与えてしまったり、生活週間や髪への刺激の有無によって毛包の定着がうまく行かないということも十分起こり得ます。

例えば、突然移植した髪の毛が抜けて、それ以降生えてこなかったり、また生えくる部分と生えてこない部分があったり、そういった根本的に薄毛対策効果が感じられなかったという失敗もあります。

失敗しないために

自毛植毛は治療費用が他の薄毛治療(育毛剤治療など)に比べて高額なため、どうしても価格で選んでしまいがちです。

薄毛先進国である韓国やタイなどで日本の約2分の1程度の価格で自毛植毛手術を受けることが可能なので、価格が安いというだけの理由で海外に手術を受けに行く人が増えてきています。

しかし、自毛植毛は手術を含む医療行為であり、一度失敗してしまうと一生モノです。自毛植毛で失敗するほとんどの人に共通することは、価格など短期的な目線でクリニックを選んでしまったということです。

自毛植毛は短期的に見れば非常に高額ですが、定期的なメンテナンスや診断を行わなければならない他の薄毛治療に比べると、1回の治療だけで良いため長期目線で見ると非常に低コストな薄毛治療法だということが分かります。

そのため、自毛植毛で失敗しないためには、価格でクリニックを選ぶのではなく、「自分の命を預けられるほどの信頼できる実績があるかどうか?」「アフターサポートが充実しているかどうか?」「お客様の満足度は高いかどうか?」で選ぶことが重要です。

もしお金がない場合には、メディカルローンといった分割払いに応じてくれるクリニックもありますので、一度クリニックに相談してみると良いでしょう。

運営者からの一言

自毛植毛は必ずしも、成功するわけではありません。
そのリスクは、納得した上で施術を受ける必要があるでしょう。
後悔をしないように、しっかりと検討をしてみてください。