効果はどれ程なのかをご紹介。自毛植毛の効果を詳しく掲載しております。

自毛植毛の効果はすごい

自毛植毛って本当に効果があるの?

日本の薄毛男性の人口は約1,300万人と言われ、およそ5人に1人の割合で薄毛の方が存在するとされています。しかし、海外はおおよそ2人に1人程度の日本よりも圧倒的に高い割合で薄毛が存在します。

薄毛人口が多いほど、薄毛に悩む人の数も大きく、実は日本よりも海外の方が薄毛治療が発展しています。そういう意味では、日本は薄毛治療後進国なのです。

自毛植毛は薄毛治療先進国である海外、特にアメリカや韓国、台湾などでは一般的ですが、薄毛治療として日本人にとって、まだ一般的ではなりません。

おそらく薄毛治療と聞くと多くの人がミノキシジルやフィナステリドなどの育毛剤・育毛薬治療を想像されるのではないでしょうか。

しかし、世界的には自毛植毛は薄毛治療の中で最も安全で、根本から薄毛治療ができる効果的な方法として認められています。

薄毛治療先進国の1つであるアメリカではなんと毎年10万人もの人が、また世界全体ではおおよそ28万人もの人が自毛植毛によって、薄毛を治療しているのです。

自毛植毛のすごい効果とは

世界的に最も良い治療法とされる自毛植毛ですが、そもそも自毛植毛とはどういった治療法なのでしょうか?まずは、自毛植毛の治療法からご紹介いたします。

自毛植毛とは、自分の頭に生えている実際の髪の毛を頭皮ごと、または毛包細胞ごとはげのみられる場所に移植する治療方法です。(※毛包細胞とは、毛を生み出す細胞のことです)

自毛植毛には髪の毛を頭皮ごと移植するのか、毛包細胞ごと移植するのかによって次の2種類に分かれます。

・FUSS法:髪の毛を頭皮ごと移植する方法
・FUE法:髪の毛を毛包細胞ごと移植する方法

人によって体質や予算などにより、どちらの方法が良いのかが変わってくるので、それをクリニックなどで医師と一緒に判断していくことになります。

自毛植毛治療が他の育毛治療と決定的に違うのは、髪の毛が生える環境(毛根)をそのまま移植することができるということです。

自毛植毛治療に成功すれば、いままではげであった場所に再び髪が生える環境(毛根)が存在する状態になるため、移植された場所で髪は半永久的に生え続けることが可能になります。

では、具体的に自毛植毛によってどのような効果が期待できるのかを詳しく解説していきます。

1、自分の髪の毛が生える

自毛植毛は、自分自身の髪を根元から移植するため、治療後はその場所から、自分の髪の毛が自然に生えてきます。

植毛法には人工的に作られた人工毛を移植する人工毛植毛法という方法と自分の髪の毛を移植する自毛植毛法の2種類がありますが、人工毛は周りの毛との質感の違いから仕上がりにどうしても違和感が出てきてしまいます。

一方で、自毛植毛は自分の髪の毛なので、質感なども全く同じで、まるで髪が元に戻ったような自然な仕上がりになります。

また、人の体には生まれつき異物を体の外に追い出そうとする免疫機能が備わっているため、人工毛を頭皮に植えると免疫機能が働き、炎症やすべて人工毛が抜け落ちてしまう可能性があります。

しかし、自毛植毛は自分の毛であるため、そういったリスクもなく植毛を行うことが可能になります。

2、定着すれば半永久的に髪の毛が形成

自毛植毛で移植された毛根は、その後1〜2週間かけてその場所に生着していきます。

生着率は手術の方法によっても変わってきますが、頭皮ごと移植するFUSS法で80〜95%以上、髪の毛の毛包細胞を1本ずつ移植するFUE法の場合で90〜95%以上と言われています。

生着に成功すれば、髪の毛がその場所から生えて、抜けて、また新しい髪の毛が生えてと他の髪と同様に周期的に生え変わるようになります。

つまり生えて、成長して、抜けて、生え変わるといった通常の髪の生え変わりサイクル(ヘアサイクル)をその場所に蘇らせることができるのです。

人工的に作った毛根ではなく、それは自分自身の生きた毛根であるため、その場所からは半永久的に髪の毛が周期的に生え変わるようになります。

移植したあとに一時的にその周りの毛が抜けてしまうショックロスという現象を起こす可能性もありますが、移植したあとに生えてくる髪は、他に生えている髪の毛と違いなく経年変化もほとんどありません。

3、毛包が死んでいるところにも髪がはえる

一度はげてしまった部分からは髪を成長させる環境(毛包を含む毛根細胞)が死滅していない限り、髪は生えてきます。

しかし、はげてしまった方の多くは、AGA(男性型脱毛症)などが原因によりうまく髪を成長させることができず、髪が成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

そのため、産毛のような短くて細い軟毛しか生えてきません。

しかし、これらの状態が何の対策もされないままずっと続くと髪を成長させる環境(毛包を含む毛根細胞)自体が死滅してしまう可能性もあります。

ここまではげが進行してしまうと髪がそこから生えてくることは基本的にはありません。

自毛植毛は、髪を成長させる環境をそのままもしくは頭皮ごと移植する治療法であるため、毛包を含む毛根細胞が死滅してしまっている場所であっても、髪を成長させる環境を再度
作りだすことができるのです。

運営者からの一言

自毛植毛の効果は、凄いです。
これまで育毛剤などを試した結果、髪を取り戻すのは無理なのでは?と諦めていました。
実際に植毛をして、髪が生えた時は、自分の頭部に驚きました。
今でもこの時の驚きは忘れられません。
私に限らず、多くの方が植毛を行い、成功しています。実際にその効果を実感して頂きたいです。