成功談と失敗談についてご紹介。自毛植毛を実際に受けた人たちの情報を掲載

自毛植毛の成功談、失敗談

植毛成功体験談①:人目を気にすることがなくなった

後退していた生え際を全体的に下げたいと思い自毛植毛手術を受けました。

施術前は広いおでこが髪と髪の隙間から見えてしまわないようにセットに時間をかけていました。風の強い日や雨の日なんかは最悪でした。

植毛の手術を受けて半年ぐらいで他の髪と同じように髪が生えてくる実感があって、今では前のように広いおでこが見えてしまう心配もなく、髪を直す回数も時間も一気に減りました。また、人目を気にすることがなくなったというのが大きな成果かなと思っています。

手術は正直恐かったですが、特にそんな目立った痛みもなく、あっという間に過ぎてしまった感じです。

手術を受けて1ヶ月くらいは、ちょっと皮膚がつっぱった感じが気になっていたのですが、先生に相談した所徐々につっぱりは取れるということだったので安心していたら、1週間後くらいにはつっぱり感が本当になくなっていました。

また、2ヶ月目に植毛して順調に生えていた毛が一度抜けて、びっくりしましたが、その際に相談したときも先生に「それは一時的なものだから様子を見てまた心配だったら相談してきてください」と言っていただき、すごく励みになりました。

実際に3ヶ月目くらいから抜け落ちた部分から新しい髪の毛が生えてきて、それからは順調に生え続けています。髪がしっかりと今の髪に馴染んできたのがだいたい半年ぐらいだったと思います。

価格は100万円程度と決して安くはなかったのですが、結果として今ちゃんと髪が生えてきていますし、術後のつっぱり感や抜け落ちた時に相談にすぐのっていただけた所に100万以上の価値を感じています。

これまで育毛剤を5年くらい使い続けてきて、おそらくそれだけで総額100万円程度にはなっていると思うので、それに比べると自毛植毛は一度やったらそれきりという点がすごくいいなと感じています。そう考えると100万円は安いのかもしれないですね。

グラフト数:800
費用:100万円程度

(35歳男性 O.Sさん)

植毛成功体験談②:予算の関係で1年越しに再度植毛

生え際の後退と、てっぺんのはげが気になり自毛植毛手術を受けることにしました。

予算があまりないことを先生にお話すると、まずは目立つてっぺんのはげを今回改善し、1年後に予算がきちんと出来たころに再度植毛してはどうかとご提案いただきました。

また、手術の流れや手術費用について、また手術後の注意点や起きる可能性がある後遺症などの情報を詳しく教えていただき、すごく好感が持てる先生でした。

メスを使わないFUE法という方法で行ったため、術後の痛みや腫れなどは特になく、少し痒みが出た程度でした。

以前他のクリニックで育毛剤治療を受けた時には、産毛のようなものしか生えてきませんでしたが、今回は手術が終わって鏡を見てびっくり。

劇的にてっぺんのはげがなくなっていました。自毛植毛は手術を受けると一瞬ではげていた部分に毛が生えた状態になるので、すごく満足しました。

2ヶ月ごろに少しポロポロと髪の毛が抜けてきましたが、先生に事前にそういう可能性を教えていただいていたので、特に気にすることはありませんでした。

そして1年後に今度は生え際を下げるために手術を受けました。

術後は少し痛みが1週間ほど続きましたが、それ以降はほとんど後遺症的なものはなく、今では髪のある生活を楽しんでいます。

グラフト数:2,000(※1回目と2回目の合計)
費用:220万円程度

(42歳男性 K.Aさん)

◉植毛成功体験談③:髪の毛の密度の低さが改善

元々、髪の毛が全体的に薄く、髪と髪の隙間から頭皮が見えてしまうことが悩みでした。
育毛剤を使ってみるものの、なかなか髪の毛の密度が改善せず、もう自分ではどうしようもない状態でした。

会社の友人の自毛植毛という方法がよかったという話を聞いて、すがるような思いでクリニックへ行きました。

治療をしてみて思ったのは「なぜもっと早く自毛植毛治療を知ることができなかったのだろう?」という事です。

手術は眠っている間にあっという間に終わってしまいましたし、植毛手術後2〜3ヶ月ぐらいは痛みというより肌のつっぱりが取れて少し気になりましたが、気になったのはそれくらいで特に目立った後遺症などもありませんでした。

また、その都度クリニックに相談することができ安心できました。今では髪の密度の低さが目立ちにくくなり、大変満足しています。

今のままでも大変満足ですが、髪がしっかり定着し、髪がもっと生えてきたら、より密度を濃くするために、2回目の自毛植毛手術を受けようと考えています。

グラフト数
1,000(※1回目と2回目の合計)
費用
140万円程度

(28歳男性 Y.Yさん)

植毛失敗談

自毛植毛は成功率が非常に高く、根本的に薄毛の原因を解決できる最も安全な薄毛治療法として世界中に認知されています。

そのため、成功する可能性が高い治療法と言えます。しかし、中には自毛植毛治療で失敗してしまったケースがあるのも事実です。

自毛植毛の失敗談はインターネット等に多く上がっていますが、自毛植毛での失敗は主に次の3点に分類することができます。

・生えには生えたがヘアスタイルが不自然。
・手術の傷跡が残ってしまい目立つ
・毛包の定着率が悪く、なかなか髪が生えてこない。思っていた結果と違う。

次の自毛植毛の失敗談のように、髪の毛は見た目に大きく関わる点であるため、自分がイメージしていた結果と違うということが「失敗した」と感じる大きな要因のようです。

手術後1ヶ月後、生えていた毛が一度抜け落ちるショックロスを経験しましたが、その後4ヶ月ほど経ち徐々に毛が生えてくるようになりました。生え際が後退してむき出しになった前頭部に毛が生えてきたことは嬉しかったのですが、前頭部の髪の生え方があきらかに不自然でまばらになっており、自毛と植毛部分がはっきりと分かってしまいます。また、生え際のラインが不自然にまっすぐになっており、見た目に違和感があります。そのため、いまだ人前に出すことが出来ず、帽子をかぶりながらの生活が続いています。

また、次の自毛植毛の失敗談のように、手術後に頭皮のつっぱりや、皮膚の炎症など後遺症が出てしまい「失敗した」と感じるケースもあります。

メスを使って頭皮を切り取った部分が、手術後炎症を起こして病院で治療を受けたのですが、それが治った後からつっぱるような感覚があり、手術後から4ヶ月経った今も、皮膚がつっぱった感じがして気になります。痒くなることもあり、どうすれば良いか困っています。

運営者からの一言

自毛植毛を受けた人たちの成功談と失敗談をご紹介しました。
中には、失敗されるという方もいます。100%良い結果になるというわけではないようです。ですが、しっかりとした実績のあるクリニックであれば、比較的安心して施術を受けることが出来るはずです。
実際に施術をうける時には、実績の有無をしっかりと確認し、安易に料金などで決めないように注意をしましょう。